2011年12月20日火曜日

12月20日MS「会員スピーチ」@横浜中央


本日のMSは、会員の湯本晶陽さんです。

湯本さんは(株)ライフプラザパートナーズで50社ほどの保険を扱う保険のプロフェッショナル。

大学卒業後、美津濃を経て、マンションデベロッパーへ転職。マンション用地の仕入担当から、住民説明会を担当するようになりました。

先輩から近隣対策には、現場をよく見回ることはもちろん、用事がなくとも近隣を回っておくことが大事と教わりました。

現地に集まってくる近隣住民の方々からは、日照や眺望、プライバシーや電波障害などあらゆる不安点について口々に意見が出され、一見すると敵意さえ感じられます。

ですが住民説明会では、しっかりとヒアリングの時間を取って住民の方々の話をしっかりと聞くことの大切さを教わったといいます。

今では、そのときの経験が元になり、不動産業者向けの保険の扱い高が一番多いと笑う湯本さんでした。

0 件のコメント: